うつ病本当の原因

治らないうつ症状には原因があります

☑ うつ病がなかなかよくならない
☑ 薬の効果が薄い、ほとんど効かない
☑ 副作用で苦しんでいる
☑ 少しでも薬を減らしたい
☑ 現在の症状の本当の原因を知りたい

精神症状を起こしている原因を探しましょう

うつ病などの精神疾患の症状は、脳内の神経伝達物質のアンバランスによって起きています。
うつ病では、神経伝達物質のセロトニンが減少していることを前提としてSSRI(セロトニン再取り込阻害薬)など、脳内でセロトニンを増やす薬が処方されます。
セロトニンが減少している人にはこの薬は効果的なのですが、実はうつ病の方の中にはセロトニンレベルが高い人もいます。

20年間にわたり、2800人のうつ病患者の脳の生化学検査を行ってきたウイリアム・ウォルシュ博士によれば、うつ病患者のうち実際に低セロトニンレベルが問題になる人は38%にとどまりました。
他の62%の方は逆にセロトニンレベルが高かったり、脳内のビタミンやミネラルのレベルが適切でないために神経伝達物質のアンバランスが起きていたのです。
また、腸内環境の悪化や体内への重金属(水銀、鉛、カドミウムなど)の蓄積によりバランスが崩れる人がいることもわかっています。

原因がわかれば治療はシンプル

要は、何が神経伝達物質のアンバランスを引き起こしているのかを見つける事です。
どのタイプのうつ病かがわかってしまえば、治療方針は明確です。
セロトニンレベルが低ければ、 SSRI によく反応しますし、セロトニン、ドーパミンレベルが高くてうつ症状を起こしている人にはSSRIはかえって危険です。
ビタミンやミネラルバランスが狂っている人は補正してあげればよいのです。
5つの生化学タイプによって治療のプロトコールを使い分けることで、神経伝達物質の合成やシナプスの活動性に影響する化学反応を調整することが可能です。
詳しくはこちら

うつ病症状を引き起こす様々な原因

神経伝達物質のアンバランス

うつ病をタイプ別にわける

うつ病と腸内環境の関係

副腎疲労

ご注意

治療効果には個人差があり、すべての方に著効することはありません。

全ての慢性疾患は生活習慣が関連しており、食事や環境の改善が不可欠です。そのため患者様自身が勉強して身に着けていただく事がとても大切になります。

そこで、私どもは勉強会を開催し、診断治療法について公開しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする