メチレーションと病態

メチレーションと様々な病態

うつ病以外の精神疾患にもメチル化状態は密接に関連します。
例えば、自閉症の98%はメチレーション低下です。
だから、自閉症の子供に対してはメチレーションを上げるための治療が推奨されます。
また、反社会的人格障害の人もメチレーション低下傾向は強いのです。
ウォルシュ博士が暴力的な犯罪の前科のある人たちを調査したところ、ほぼ全員がメチレーション状態の低下を認めました。
反対に不安、パニックを起こす人はオーバーメチレーション傾向にあります。

アンダーメチレーション状態の確率
自閉症スペクトラム 98%
反社会的人格障害  95%
統合失調感情障害  90%
反抗挑戦性障害   85%
神経性食思不振症  82%
うつ病       38%
オーバーメチレーション状態の確率
パニック障害    64%
妄想型統合失調症  52%
ADHD       28%
行動障害      23%
うつ病       18%

大事なことは、これらのメチレーション状態や、栄養の過不足は適切な治療により調整する事が出来るということです。

ご注意 : 治療効果には個人差があり、すべての方に効果があるとは限りません。

全ての慢性疾患は生活習慣が関連しており、食事や環境の改善が不可欠です。そのため患者様自身が勉強して身に着けていただく事がとても大切になります。

そこで、私どもは勉強会を開催し、診断治療法について公開しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする