歯科アマルガムと安全な除去について

アマルガムは水銀を含む歯科材料

歯科アマルガムは、水銀を多く含む歯科材料です。
加工が容易で丈夫なため、20世紀を中心に歯の詰め物として使われてきました。今では保険適応はなくなりましたが、2016年4月までは日本政府公認の治療材料でした。

「アマルガム」というのは、もともと「水銀と他の金属との合金」を意味しています。水銀は常温で蒸発する唯一の金属ですが、銀や銅、スズなどの金属と混ぜると、硬化します。加工が容易で、強度があり、安価なために格好の歯科材料として多く使われました。

一般にこのアマルガムは、安全だという認識があるようですが、そんなことはありません。アマルガムからは大量の水銀が漏れ出ており、それによって大量の健康被害が起きています。

国(厚労省)や団体(米国歯科医師会)の見解と、患者や被害者団体、一部の研究者や歯科医師の見解が非常に食い違っており、混乱を招いています。

アメリカ歯科医師会はアマルガムから漏れ出る水銀は、無害な無機水銀であり、しかも許容範囲内なので、安全であると主張をしています。

アマルガムの中で水銀と他の金属は化学反応でしっかり結びついているわけではありません。
単純に混合されて硬化しているだけなので、刺激があれば簡単に水銀が溶け出てきます。口腔内で容易に気化し、全身に蓄積します。

水銀は重金属の中でも非常に神経毒性の強い物質で、うつ病・頭痛・アレルギー・自己免疫疾患、心臓病など多彩な症状を引き起こします。

アマルガムからは水銀が出ています

アマルガムは、前述した通り加工が容易で殺菌性に優れるため、虫歯の治療に使われてきた歯の詰め物の材料です。歯の中に黒く変色した銀色の詰め物があったら、それはアマルガムかもしれません。

歯の治療で詰められたアマルガムからは、1日平均1~10μgの水銀が蒸散放出されています。
特に、アマルガムを詰めた初期、および、アマルガムを除去したときには、20~30μgの水銀が蒸散放出されるといわれています。

水銀は25度を超えると沸騰し始めるそうです。それを実際に見たのがこの映像です。

SMOKING TEETH = POISON GAS

温めたり、消しゴムでこすったりすることで水銀蒸気が放出される様子が出ています。これと同じ事が歯に埋め込まれたアマルガムでは起こっています。熱いお茶やコーヒーを飲んだり、咀嚼をすることで水銀が体内にばら撒かれているわけです。

アマルガムが体内の水銀蓄積の大きな原因であることを示す研究は非常に多く存在します。

水銀は様々な症状を引き起こす

水俣病でご存知だと思いますが、水銀は猛毒で、ごく少量でも多彩な症状を引き起こします。特に、問題なのは脳神経、筋肉への影響です。疲れやすい、集中力がでない、筋肉痛、胃腸障害、不眠など様々な症状を起こします。

私は栄養療法で効果が出ない患者さんの多くに歯科的な異常があることを経験していますが、実は歯科アマルガムの水銀蒸気の影響を一番受けているのは歯科医師です。

歯科のアマルガムを防御なしに削り取ることで、患者さんだけでなく、歯科医療に関わるスタッフ全員が水銀蒸気を吸っています。

一般の方の平均的な尿中アマルガムの量は0-5μg/ℓですが、歯科医の尿中アマルガムの量は30μg/ℓ以上、全体の1.3%の歯科医の尿中アマルガムの量は 100μg/ℓ以上 という報告があります。

安易なアマルガム除去は危険です!

このような話を聞くと、自分の歯の中にアマルガムが入っている方はすぐにでも歯科クリニックに行って自分のアマルガムを削り取ってもらいたいという思いに駆られるかもしれません。

でも、慎重になってください。アマルガムは詰める時、外す時に最も水銀が蒸散します。

特に、アマルガムが複数の歯に入っている方は危険です。除去時に完全な防護を行わないと、患者、術者ともに体内に水銀が大量に入ってきます。

どんなに防護をしても、多少の水銀は体内に入るのは避けられないだろうということで、スウェーデンの歯科協会では、1本のアマルガム除去から次のアマルガム除去までに2週間あけるというガイドラインがあります。

最近私の話を聞いて、慌てて防護をせずにアマルガム除去を行い、具合が悪くなっている方がいらっしゃるそうです。

安全なアマルガム除去に関しては、前述のsmoking teethを出しているInternational Academy of Oral Medicine and Toxicologyからガイドラインが出ています。

日本にもこの手法を取り入れた歯科医師がいますので、アマルガムを除去する場合にはそのようなクリニックで除去する必要があります。

なぜアマルガム除去が栄養学に関係するのか?

とご質問された歯科医師の先生がいらっしゃったのでのですが、こういうことです。

理由は、分子栄養学をはじめとした栄養学、特にミネラル代謝についての知識がないと、重金属の害についての理解が出来ないからです。

亜鉛や銅、マグネシウムなどの必須ミネラルは体内で重金属と拮抗します。ですから、ミネラル代謝異常の症状と重金属蓄積の症状は相関します。

また、重金属を体から除去する治療は、必須ミネラルをも一部除去する事になります。重金属だけを抜いてそれで終了。という話ではありません。

治療のゴールをちゃんと描き、そこに向けてのガイドを作れない治療家は、患者さんの治療に関わることはできません。

「よし、わかった。アマルガムは危険なんだな!じゃあ、早速、アマルガムは全部外そう。」

これが、一番危険なパターンです。

「なぜ、アマルガムを除去しなくてはならないのか?」

「アマルガムがあることで口腔内や全身にどのような影響があるのか?」

「アマルガムを除去する事で得られる結果が、患者さんの希望に沿うものなのか?」

これらを把握せずに、アマルガムだけを除去しても意味がないのです。

「中途半端な知識でとりあえずの治療を行うこと」は避けなければなりません。

歯科アマルガムなどによる水銀中毒は多くの疾患の原因になりますし、なかなか改善しない慢性疾患の原因の1つでもあります。

当院では安全なアマルガム除去を行っている歯科医院と連携し、治療を行っていきます。

アマルガムは人体にとって安全か?

関連記事

  1. カンジタ(カンジダ)の原因と治療

  2. マイコトキシン(カビ毒)が慢性疾患の原因?含有食品と対策

  3. なぜ、カンジタ(カンジダ)がこんなに手ごわいのか?

  4. 食事が作れないほど悪化した副腎疲労の人のための食事

  5. コーヒー(カフェイン)を摂り過ぎると危険と言われる本当の理由…

  6. カゼインフリーの食事療法の重要性と知らないと怖い牛乳の本当の…

あなたのサプリが効かない理由


大人のフードアレルギーを治す食べ方


栄養素のチカラ


患者様専用ページ

PAGE TOP