メディカルキネシオロジー外来

「自分にあったサプリメントを知りたい」

「せっかく買ったサプリメントを、ちゃんと飲めるかどうか心配…」

「ストレスにどう対処してよいか分からない」

そんな悩みにお答えするため、キネシオロジーという手法を使って、ストレスを解放し、身体に一番合ったサプリメントを選ぶための専門外来をスタートすることになりました。

総合内科専門医であり、キネシオロジストの小川順子医師が、心と身体を含めた全人的医療の観点から、この専門外来を担当します。

キネシオロジーって何?

キネシオロジーは、筋反射テストとも言います。筋肉の反応を使って、身体の声を聴く手法です。

身体に合うときは、筋肉がしっかりと固定し、合わないときには、筋肉が緩むという性質を利用して、身体が何に対してストレス反応を示すか等を調べます。

O-リングテストなら、聞いたことがあるかもしれませんね。O-リングテストも、キネシオロジーの一つです。

O-リングテストでは、指で輪を作って、その強さを調べますが、この外来では、主に腕の筋肉使って、身体の反応を詳しく調べていきます。

  • サプリメントが身体に合うかどうか
  • サプリメントの至適量

身体に合うということは、身体がそのサプリメントを必要としていて、なおかつ、アレルギーがなく、吸収代謝できるということです。また、どのくらいの量がちょうどよいか、ということも推定できます。

  • 心理状態・ストレス状態のチェック
  • 広範性の心理的逆転の有無

ストレスがどのくらい身体の負担になっているかも、キネシオロジーで調べることができます。

さらに“心理的逆転”といって、「頭では治りたいと思っているけれど、心の深いところでは、治ることを望んでいない」という場合があります。

病気だけでなく、人生全般についても、「頭では幸せな人生を生きたいと思っているけれど、無意識では、苦しい人生、惨めな人生を生きるべきだと思っている」場合は、“広範性の心理的逆転”といいます。

そのような心理状態になっていると、どんな治療をしても、改善しづらくなり、人生も生き辛くなってしまいます。

ですので、“心理的逆転”があるかないかをチェックして、もしあった場合には、そうなった年齢や原因などを調べ、“心理的逆転”を修正します。

この“広範性の心理的逆転状態”を解消することは、体調だけでなく、人生全体に対して、大きなインパクトをもたらします。

その他の原因について

  • 電磁波
  • ジオパシックストレス
  • 腸内環境
  • ホルモンバランス
  • 重金属などの毒素

など、栄養や心理的ストレス以外にも、様々な原因が、体調に影響していることがあります。

キネシオロジーで、これらをスクリーニングして、必要に応じて、西洋医学的な詳しい検査を行います。

心理療法では、どんなことをするのですか?

 “広範性の心理的逆転”の修正

EMDRという眼球運動と、経絡のタッピングを用いて修正を行います。

・抑圧した感情の解放

怒りや恐れ、悲しみといった感情を過度に抑制していることも、身体の不調の原因となる場合があります。

EFT(Emotional Freedom Techniquesという経絡のタッピングを用いた感情解放の手法などを用いて、感情の負荷を外していきます。

催眠療法・イメージ療法

“心理的逆転”が起きたり、感情を抑圧してしまう背景には、ネガティブな思い込み(ビリーフ)や、歪んだ自己イメージがあります。

ご本人の同意の上、催眠療法やイメージ療法を用いて、思い込みや自己イメージの変容をお手伝いします。

担当医師

小川順子
2002年 京都大学医学部卒
総合内科専門医・リウマチ専門医・キネシオロジスト
市立舞鶴市民病院・洛和会音羽病院にて総合診療の研鑽を積み、
都立駒込病院、都立大塚病院にて、リウマチ膠原病の専門診療に従事
2010年 ブライアン・ワイス博士から前世療法を学ぶ
2011年から3年間インドに渡り、インド伝統医学とヒーリングを習得
2018年 Y.H.C.矢山クリニックにてバイオレゾナンス・波動医学研修を修了

ご注意 : 治療効果には個人差があり、すべての方に効果があるとは限りません。

全ての慢性疾患は生活習慣が関連しており、食事や環境の改善が不可欠です。そのため患者様自身が勉強して身に着けていただく事がとても大切になります。

そこで、私どもは勉強会を開催し、診断治療法について公開しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする