グルテンフリーパン教室に行ってきました!

グルテンフリーのパンで美味しいレシピを知りたい!ということで
GWを利用してグルテンフリー工房「warmth」さんのパン教室に行ってきました。

今回作ったのは
・さわやかに香るハーブパン
・濃厚ベジチーズケーキ
です。

【左:ベジチーズケーキ】【右:ハーブパン】

先生は10年前から米粉を使ったグルテンフリーのパンを作られているそう。
ハーブパンは
「米粉」「おからパウダー」「タピオカ粉」でつくりました。
各粉のでんぷん質の特性を活かして考案されています。
この粉の分量が重要で、
今回は詳細な配合量はここには載せません(知りたいという方は、先生のパン教室へ~)
先生は失敗しても、「どうしたら上手くいくのか」を常に考えて試行錯誤していくのだとか。。米粉で初めてパンを作ったときは「ういろう」のようにずっしりパンになってしまい、「どうしたらふっくらしたパンになるのか」と研究し続づけ、今のおいしい米粉パンのレシピを開発したそう。

長年培ってきた経験値はすごいな~と驚くぐらいおいしいハーブパンでした。
中のハーブは私も愛用している「クレイジーソルト」に
「ローズマリー」の合わせ技!
あとは、30分の発酵後、オーブンに入れる前に生地の上にふりかける隠し味(は教えられませんW)
本当に先生のアイディア満載に勉強になります。
ハーブパンはワインに合いそうなお味です。ハーブを入れずにココナッツシュガー、くるみ、シナモンなどを入れてアレンジしてもおいしいと思います。
なによりも、米粉パン特有のトーストしないとダメということがなく、冷えてもかたくならずおいしい事に驚きました。お弁当やおやつとして会社にもっていくのもよし、冷凍保存して携帯スティックパン(自然解凍後に食べることができる)として外出先での小腹対策にと大変便利です。

続いて、ベジチーズケーキですが、
こちらは乳製品も使わない、小麦粉も使わないという
グルテン・カゼインフリーのチーズケーキです。
「(゚д゚)!え?」
「チーズケーキなのに、乳製品ないの?」と疑問ですよね。
今回は「豆乳カッテージチーズ」を使いました。
レモン汁で豆乳のたんぱく質を凝固させて、水分を絞りカッテージチーズを作っていきます。

【↑豆乳カッテージチーズ】
ここまでは、「チーズ」というよりは、
まだ「豆腐」に近いお味です。

しかし、この後、先生のレシピで作ると
なんてことでしょうお見事な濃厚チーズケーキに変身してしまうのです。
本当に驚きました!先ほどまでの豆腐っぽさがなくなり、
クリームチーズで作ったチーズケーキと錯覚してしまうほど濃厚なお味です。

盛り付けはこんな感じです。

他にも先生お手製の「レモンマフィン」(マフィンは来月の教室で作るそう)
「米粉の食パン」「乳製品ありのチーズケーキ」「オニオンスープ」もいただきました。
「オニオンスープ」の時短レシピまで教えてもらいました。
本当に盛りだくさんで、大変勉強になりました。

今回習った米粉パンを自分なりにアレンジして、今後レシピを考えていきたいと思います。
乞うご期待!

先生は「ゆきひかり」という北海道のお米で「食パン」も作っています。ゆきひかりは、米アレルギーの人・アトピーの人にはもちろん、腸内環境にもよいという北海道大学の研究があります。
出典:腸内細菌叢と腸管粘膜免疫の関係の解析 および食餌によるその制御を介したアレルギーの予防・改善 


グルテンフリー工房「warmth」の東 紀子先生ありがとうございました。[/kaiwa1]
先生の教室・ゆきひかり食パンの注文はこちら

ご注意 : 治療効果には個人差があり、すべての方に効果があるとは限りません。

全ての慢性疾患は生活習慣が関連しており、食事や環境の改善が不可欠です。そのため患者様自身が勉強して身に着けていただく事がとても大切になります。

そこで、私どもは勉強会を開催し、診断治療法について公開しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする