副腎疲労の診断

唾液中のコルチゾールを測る

副腎疲労の診断に最も簡単で役に立つのは、唾液中のコルチゾール濃度測定です。

血中濃度よりも唾液中コルチゾールの方が正確

通常コルチゾールの量を評価する場合は血中濃度を測定しますが、副腎疲労の診断には唾液中濃度を測定します。
血中コルチゾールは、タンパク質に結合しているものとしていないものがあります。
体内で役に立つのは、タンパク質に結合していないコルチゾールです。
唾液中コルチゾールの量は、血中のタンパク質に結合していないコルチゾールに比例して動くため、本当の副腎機能を正確に反映します。

・唾液中コルチゾール濃度は、血清中の非結合コルチゾール濃度に比例する
Ann Clin Biochem. 1983 Nov;20 (Pt 6):329-35.
・90-95%の血清中コルチゾールがアルブミンや赤血球細胞膜に結合しており、非結合のコルチゾールのみが生理活性をもつ
Psychosom Med. 1999 Mar-Apr;61(2):214-24.

1日4回測定する

唾液検査では、コルチゾールの日内変動を見るために、リラックスした休みの日などに、8時、12時、16時、24時に唾液をとってもらいます。

検査結果の例

副腎疲労患者さんの検査結果です。
薄い青のところが基準範囲内です。

7-9時のコルチゾールレベルが低下しています。
この時間帯のレベルは起床後すぐで一番高いのが普通ですので、副腎の最大機能を表す良い指標となります。
11-13時のコルチゾールレベルも低下しています。
この時間帯のコルチゾールレベルは副腎の適応能力の良い指標です。
(例えば何か緊張を強いられる場面で副腎が適応できるかどうかということ)
15-17時のコルチゾールレベルが低下しています。
午後のコルチゾールレベルは昼食後にサンプリングを行いますので、副腎の血糖コントロール能力の良い指標となります。
22-24時のコルチゾールレベルは正常です。
深夜のコルチゾールレベルは、通常24時間で一番低く、副腎の基礎分泌能力の良い指標となります。

この方は、コルチゾールのレベルが1日中低いため、副腎疲労の疲弊期と考えられます。
副腎疲労には抵抗期と疲弊期がありますが、当院を受診するほとんどの方は疲弊期にさしかかっています。
そんな患者さんの多くは唾液中のコルチゾールが低下しています。
「立ちくらみ」
「朝が起きられない」
「一食でも抜くと辛い」
「コーヒーなしでは生きられない」
これらの症状は副腎疲労の疲弊期を表す症状です。

副腎疲労の抵抗期
まだまだ動ける
副腎疲労の疲弊期
コルチゾールが枯渇している

副腎疲労の正確な診断のためには器質的な副腎疾患(副腎の結核や副腎腫瘍など)を除外する必要があります。詳しくは医療機関までご相談ください。
ご注意

治療効果には個人差があり、すべての方に著効することはありません。

全ての慢性疾患は生活習慣が関連しており、食事や環境の改善が不可欠です。そのため患者様自身が勉強して身に着けていただく事がとても大切になります。

そこで、私どもは勉強会を開催し、診断治療法について公開しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする